最新の株価チャートマスターへの必勝道!

NISAでロールオーバーする際のポイント6つ!


非課税枠は最大で600万円まで
 



NISAは2014年から投資枠が

上限100万円で開始されましたが、

2016年からは、毎年1月1日に新たに

120万円の枠が追加されています。


なので、NISAを使用して投資出来るのは、

最大で合計600万円までです。


NISAの1枠につき、

非課税有効期間は最長で5年間です。



その後は、一般・特定口座に移行するか、

NISA口座に入れたまま6年目以降

最長5年間延長することも出来ます。


NISA口座での運用終了後に、

売らなければならないのではなく、

非課税優遇措置がなくなるだけなので、

課税される一般・特定口座に移して

そのまま持ち続けることも可能です。


⇒これをロールオーバーといいます










NISAには 投資対象・投資金額・投資期間

制限がありますので、

まずはじめに


「その商品を、どこで、いつ、どのくらい」

運営するのかを考えることが重要です。





株式や投資信託の価格が下落する

リスクがあること
も十分に考慮しましょう。




NISAの有効な使用方法としては、

「非課税優遇の上限枠の120万円まで投資し、

そのまま長期で持ち続け、

5年後の枠が消滅する直前に売る」


ことなどが挙げられますが、

上限枠にこだわらず、

自分の投資スタイルを考えたうえで、

効率的に使うと良いでしょう。







☆NISA対象☆

・上場株式

・株式投資信託

・ETF(上場投資信託)

・REIT(不動産投資信託)など




☆NISA対象外☆

・預金

・債券(国債、社債、外債など)

・公社債投資信託(MMFなど)

・外国為替証拠金取引など

※取扱商品は金融期間によって異なります。








NISAのポイント6つ!


①満20歳以上から日本在住の満20歳以上

(口座開設年の1月1日時点)

の個人の方のみが利用できます。

申し込み時は、住民票の提出が求められ、

年齢の確認が行われます。



②1人1口座のみ開設可

NISA口座は1人1口座に限り開設できます。

申し込み時に他のNISA口座との重複確認が行われます。

また、他の口座で保有している株式などを

NISA口座に移せません。



③口座変更は1年に1度

NISA口座は、

別の金融機関(証券会社や銀行など) の口座に

1年に1度だけ変更出来ます。

ただし、1度でも取引を行うと、

その年は口座変更が出来ません。



④再利用は出来ない

120万円枠は繰り返し使えません。

購入株式120万円のうち30万円分を売ったら

30万円枠が消えますが、

30万円分を新たに利用できません。

(NISAは長期投資向きです)



⑤未使用枠は繰り越し不可

1年間に120万円枠を使い切れなかった場合、

要年には繰り越せません。

たとえ、80万円しか使わなくても、

翌年以降に40万円を繰り越すことは出来ません。



⑥損益通算は出来ない

たとえ損失が出たとしても、

NISA口座と一般・特定口座との

損益通算は出来ません。


※損益通算・・・ 損失と利益を合算し、

納税額を減らすよう調整すること。


NISAのキホン




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2019年12月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2019年12月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (15件)